家づくり、住まいづくり・・・建築家がお手伝い!! 狭小地、変形地もお任せください!
本格的な設計作業に入るには、きちんと契約を結ぶことが大切です。
工事請負契約とは違い、設計監理業務の委託契約となります。
設計監理契約では、作業範囲、設計監理報酬、支払いの時期などを決めています。
当事務所では(社)日本建築士会連合会から出されている業務委託契約書を使用しています。
契約内容をご確認の上、建て主と設計事務所双方が署名捺印し、一部ずつ保管します。
 
“ 3000万の家を建てたいけど建築家に頼むと設計料を取られるから、残り2700万分の住宅しか建たない。
これなら最初から工務店に3000万でお願いした方が得なのでは?!
設計はサービスだと言ってくれているし…”
よくこんな声を耳にします。
正直とても残念で仕方ありません。
よく考えてみましょう。

3000万の見積りは、果して本当に正しいのでしょうか。ひょっとしたら2500万で出来る程度の建物かもしれません。
残り500万は丸儲け……よくある話しです。見積書は一般の方が見てもなかなか判りにくいものです。
ですから見積書をチェックして適正なものにしていく必要があります。


それを行なうのが、建て主の代理人である建築家の仕事なのです。
それと常識として、設計を「サービス」なんてこの世に存在する訳がありません。誰がタダで仕事をするでしょうか。設計は建物の骨格です。その一番大切な部分を「無料」なんて看板を上げているとしたら、設計の何たるかが判っていないか、設計料を工事金額にしっかり上乗せして判らないようにしているかのどちらかと、疑ってかかった方がいいでしょう。


適正な設計料のもとで、工事金額以上の価値がある建物を建てる方が得策です。
工夫次第で建物はどんどんよくなりますから。

↑ページTOPへ

家づくりフロー 設計管理契約・設計料 設計図って何? 平面図ができ上がるまで 工事監理は大切

馬場龍 + 設計事務所 GA-PLAN 一級建築士事務所
〒564-0062 大阪府吹田市垂水町3-15-5
Tel. 06-6338-1086 Fax. 06-6338-1117